バルクオムの効果を徹底検証!使った人しか分からない口コミの真実

現在私は、メンズ肌ケア商品のバルクオムでニキビや肌荒れを治しているところです。

私以外にもニキビや肌荒れで困っているという方は、バルクオムにどのような効き目があるのか気になっている方も少なくないのではないでしょうか。

以下のような事で困っている方は、ぜひ私のレビューをご覧ください!

  • ニキビを改善して皮膚をスベスベにしたい
  • オイリー肌や乾燥肌を改善したい
  • 肌のエイジングケアを頑張りたい

このような皆さんはぜひ最後までお読みください(^^♪

メンズスキンケアのバルクオム詳細情報

ニキビ、乾燥肌、肌荒れなどのトラブルで困っている方は「良い肌ケア商品を使ってなんとかしたい!」と感じているのではないでしょうか。

私もニキビ肌・敏感肌・乾燥肌など色々な肌トラブルを抱えていましたので、様々な肌ケアアイテムについてインターネットで調べていました。

そこで、興味が出たのが肌ケアグッズの「バルクオム」です。メディアで紹介されていたので、私も最初から名前だけは知っていました。

優れた美容効果を持つ様々な成分が入っているのがバルクオムの魅力のようですが、宣伝がスゴイこと自体にはなんの意味もないですし、実際に効いてくれないと困るわけです。

バルクオムの宣伝文句の一つが「幹細胞肌ケアで皮膚を徹底的に改善!」といった内容なので、

「言い過ぎていてかえって信じにくい」「実際に効くのかな?

などと色々考えてしまいました。ですが美容成分の「リンゴ間細胞エキス」が含まれていたり、TwitterInstagramやメディアなどでも人気が出始めているので、やはり試してみずにはいられませんでした。

前置きが長くなりましたが、いよいよバルクオムについて深く紹介してまいります。製品の紹介後、私のレビューや、他のユーザーの口コミなども挙げていきます。

最後まで読んでいただければ幸いです。

スキンケアアイテムのバルクオムとは

BULK HOMME バルクオムについて

バルクオムは元々「せーの(株)」が手掛ける「VANQUISH」というファッションブランドとのコラボ企画で登場したメンズ肌ケアセットでした。しかも、当時は1000組のみ売られたそうです。

このアイテムには、肌のコンディションを安定させてくれる「加水分解シルク」や、保湿効果が高い「リンゴ幹細胞エキス」等の成分がたくさん入っています。

ニキビ、肌荒れ、乾燥肌などに効く成分が多く含有されており、それらの成分が皮膚の奥部にまで十分行き渡ります。それによって、肌質がどんどん向上していくというわけです。

CHECK!
ニキビ、肌荒れ、乾燥肌などに効く成分が多く含有されており、それらの成分が皮膚の奥部にまで十分行き渡ります。それによって、肌質がどんどん向上していくというわけです。

バルクオムのスキンケアの手順は3つ

「乳液」「化粧水」「洗顔料」。バルクオムはこの3種がセットになった商品です。
きちんと肌ケアをするためにも、適切な順序で用いましょう。

それでは、バルクオムの各アイテムを使う順番と使い方などを紹介していきますね。

手順1:洗顔料

バルクオムの洗顔料は柔らかくモコモコ。マシュマロに近い感触です。

さて、一般的な洗顔料は洗浄効果が高過ぎるので、汚れと一緒に「肌に留めておくべき皮脂」まで除去してしまうという欠点があります。

そうなると失った分をカバーするためにかえって多く皮脂が出てしまう場合が多いですし、皮膚の水分が気化して肌が乾燥しやすくなったりもします。ですから、むしろオイリー肌に近づいていってしまうんですよね。

ですが、バルクオムの場合は「留めておくべき皮脂」は残したまま汚れを除去してくれますから「さっぱりしつつも保湿されている」という最高の洗顔をすることが叶います。

⇒洗顔料についての詳細はこちら

手順2:化粧水

バルクオムの化粧水の一番の魅力は「保湿効果がとても高い」という事です。

浸透性の高い温泉水を採用し、さらにリンゴ幹細胞エキス等の優れた美容成分もたくさん入っていますので、皮膚の奥部にまで美容成分が行き渡り、保湿してくれます。

実際、サラサラしたテクスチャーでしたね。美容成分が豊富に含まれているという事が手に出してみてなんとなく分かりました。浸透性が高いので、さっぱりした使用感であり、ベタベタ感がほぼありません。

⇒化粧水についての詳細はこちら

手順3:乳液

一般的な乳液は、保湿効果を長持ちさせるためにやや粘り気がある場合が大半です。
しかし、バルクオムの乳液は浸透性が高くさっぱりしています。

そして、さっぱりしていながらも「与えた潤いをキープしつつ、ベタベタ感を出来る限り抑える」ということをしてくれるので、男性から大人気となっています。

⇒乳液についての詳細はこちら

さて、通常の化粧品作りでは、コストなどの問題で、含有成分の分量などに限界があるものです。

ですが、バルクオムは違います。品質が最優先されているので、成分量の上限は特に設定せずに開発をしたそう。ですから、クオリティーがこの上なく高いと言えるのです。

CHECK!
最も注目すべき成分は「リンゴ幹細胞エキス」です。アンチエイジング作用があり、年を重ねたことが原因のシミやシワにも効くと言われていますので、年齢肌でお悩みの方にもおすすめです。

バルクオムが高く評価されているのはなぜ?

バルクオムがこれほどまでに高く評価されているのは何故なのでしょうか?
理由を11つ紹介していきましょう。

理由1:浸透性に優れている&優れた美容効果のある成分を配合

バルクオムの一番の魅力は、優れた保湿作用のある「リンゴ幹細胞抽エキス」が入っていることです。

男性の皮膚は乾燥しやすいですが、このリンゴ幹細胞エキスであれば、きちんと保湿してくれます。

さて、皮膚の表面だけをケアするのでは不十分です。そうではなくて、皮膚の奥部にまで美容成分を浸透させてこそ、潤いをキープすることが叶います。

そこで「加水分解シルク」の出番です。

この成分は、肌への浸透性や吸着性に秀でていますから、皮膚を保湿したり、皮膜を作ったりする効果が期待できます。

つまり、加水分解シルクによって美容成分が皮膚の奥部にまで行き渡るということ。
これなら、乾燥知らずの肌が手に入りそうですよね!

⇒リンゴ幹細胞エキスについての詳細はこちら

理由2:使い心地が「さっぱり系」だから

男性は肌ケア商品の「使用感」を重視する傾向にあります。

ベタベタ感が強いなど使用感に問題があると、どれだけ優れた効き目があったとしても、男性にはなかなかリピートしてもらえないそうです。

ですが、バルクオムの使用感は「ベタベタ感がなく、さっぱり」。

実際、「使用感についてのユーザー満足率」は88パーセントに達しています。

そして、それでいて保湿効果は非常に高いです。

加えてブラインドテスト(商品名を教えずに行うテスト)においては、全項目でバルクオムがナンバーワンに!

肌ケアアイテムの頂点と言っても過言ではないと思います。(ブラインドテストの対象者は2039歳までの男性でした)

理由3:コスパが良い

どれだけ優れた効果があるとしても、価格が高いとなかなか購入に踏み出さないはず。

ちなみに、品質の高いメンズ肌ケア商品の場合は、化粧水だけでも優に5000円をオーバーしている事が珍しくありません。

となると、非常に優れた効果を持つバルクオムも値が張るのでは……?と感じるかもしれません。

ですが実際には、定期便で7200円(乳液+化粧水+洗顔料の3点セット)。アイテム1点当たり2400円になるので、価格としてはむしろ安い方だと思います。

加えて、肌活コースが1480円で購入できますので、まずはそちらを買ってみる事をおすすめします。

(肌活コースの販売がずっと続くのかは不明なので、急いだ方が良いかもしれません)

ここまで「バルクオムが高く評価されている理由」を3つ紹介しました。

値段は安い、効果は高い、使用感も良い。となると、人気が出ないわけがありませんよね。

優れた肌ケア商品を探している私も、すぐに購入を決意しました。

リンゴ幹細胞エキスの効果は?【バルクオムの主役!】

ここからは、バルクオムの成分に関して解説していきます。

まずは、バルクオムの主役である「リンゴ幹細胞エキス」に関して。

リンゴ幹細胞エキスは、バルクオムの含有成分の中で一番注目度の高い成分です。

材料となるリンゴは「ウトビラー・スパトラウバー」。

スイスの貴重なリンゴであり、120日経過しても腐敗しないとされています。

その上長期間経っても味わいがキープされるので、昔はかなり親しまれていた果物でした。

ですが、そもそも美味しいとは言いにくいフルーツだったため、冷蔵設備が進化した現在では需要が激減し、ほとんど作られなくなってしまいました。

下部の画像は「リンゴ幹細胞エキス2パーセント含有の化粧品」で、4週間継続して12回塗るというテストの時のものです。実際、シワが消えてきていますよね。

さらに20人の方に同様のテストを行ってもらったところ、20人全員の皮膚のコンディションが向上し、さらにシワも浅くなったそうです。

このような優れた効き目が人気となり「ホンマでっかTV(フジ)」で紹介されたこともあります。

幹細胞は非常に大切な役目を担ってくれます。それは「コラーゲンを生成する」ということ。

コラーゲンには皮膚の潤いやハリをキープする働きがありますので、幹細胞に問題があると、皮膚がどんどん年老いていってしまいます。

ですから、バルクオムによってリンゴ幹細胞エキスを補うことが重要!

幹細胞が元気になって、コラーゲンの生成量がアップし、皮膚の潤いがキープされるようになりますよ。

私のバルクオムの体験レビュー

以上のような事を様々に調べてみて、私も「これは是非使ってみないと!」と感じ、迷わず買いました。

バルクオムに関しては好評の口コミも悪評の口コミもありましたが、やっぱり実際に使ってみないと効き目があるかどうかは判断できませんからね。

バルクオムの注文から入手まで

まずは、先ほども紹介したバルクオムの肌活コースを注文しました。

「注文→到着」までには5日前後かかりました。

通販と言えばAmazonや楽天市場しか使ったことがなかったので不安でしたが、きちんと到着したのでホッとしました。

では、バルクオムを開けてみましょう。

ワクワクしながら注文したのですが、いざ開けるとなるとちょっとドキドキしますね。

箱の中には、冊子とバルクオムの洗顔料・化粧水・乳液がありました。

色々ごちゃごちゃ入っているわけではないです。

冊子をどけると、スッキリした印象の白い箱がありました。この中にバルクオムが入っているんですよね。

さて、まずは冊子をチェックしてみましょう。

この冊子にはバルクオムの使用手順などが掲載されています。

これを見ながら使えば、最適な肌ケアが行えるという事ですね。

実際、この冊子はとっても役立ちました。

続いて、バルクオム本体を箱から取り出します。箱もそうですが、中身もスッキリした印象ですね。「効きそう!」という雰囲気があり、期待を抱かせてくれます。

まとめるとバルクオムの肌活コースには、乳液、化粧水、洗顔料、肌ケアについての冊子、洗顔用ネットが入っていました。

バルクオムを試してみます

次にバルクオムを使用してみます。
乳液・化粧水・洗顔料を手順通りに使います。ちなみに、使用ペースは12度(朝・夕)です。

手順1:顔を洗う

1cm程度」というのがオフィシャルサイトに記載されていた洗顔料の使用量の目安ですが、だいたいこれくらい使う事にします。

そして、付いてきた洗顔用ネットを使うと、このレベルの泡を作ることが可能です。

これほどまでに、フワフワで弾性に優れた泡を見たのは初めてです。

触るだけでもなんだか癒されます。

そして、顔の泡を乗せて、顔全域に塗布していきます。円を書くイメージで塗り拡げるのがポイント。「顔の上で泡を転がすようにする」のが大事ですので、手指で肌を摩擦しないようにしましょう。

最後に泡をすすいで落とします。ぬるま湯を使い、顔を摩擦しないようにすすぎましょう。

洗い終えた段階で、すでに皮膚のハリがアップしている気がします。

そして、さっぱり感が気持ち良いですね。

手順2:化粧水を使う

次に化粧水を使います。

もたもたしていると洗顔によって生まれた皮膚のハリや潤いが損なわれてしまいますので、顔を洗ったら即座に化粧水を用いて保水するのがポイントです。

化粧水の使用量の目安は「500円玉大」。手に出して、顔全域に馴染ませていきましょう。

ちなみに、化粧水を何回かに分割して塗ると浸透しやすくなりますので、浸透の仕方がイマイチだと感じた場合はやってみましょう。

使用感は、ほんの少しだけとろみがありますが、さっぱりしていてベタベタ感がありません。

かなり良い使い心地です。

手順3:乳液

ラストは乳液。化粧水によって補った潤いをキープします。

乳液を使わないと化粧水による潤いが気化しやすくなって、結局皮膚が乾燥してしまう可能性が高いです。ですから「男なのに乳液なんて……」と感じている人も必ず使うようにしましょう。むしろ、肌ケアにはおいては乳液が最も重要と言ってもいいくらいです。

また、化粧水が十分に皮膚に浸透して、湿り気が消えてから乳液を使うようにすることも大事です。

そうする事で化粧水の成分を肌にきちんと染み込ませて、その潤いを乳液で閉じ込めることができます。

使用量の目安は500円玉大程度。手のひらを使って顔全域に塗布していきます。

CHECK!
バルクオムの乳液はサラサラ感がかなり強いですが、それでもベタベタしてしまうという場合は量をちょっと少なくして調節していきましょう。

バルクオムを試してみての感想

バルクオムには以下のような口コミが寄せられています。

「余計な梱包物がないので好印象」「環境に優しいこだわりのパッケージ」「サラサラ感があって使用感が優れている」

など、かなりの高評価となっています。

実際私も同じような感想を抱いています。

店売りの肌ケアアイテムは洗浄効果が高過ぎて、肌がヒリヒリしてしまったり荒れてしまったりする場合がありますよね。男性の肌は女性よりも強いですが、それでもそういったトラブルに見舞われたことがある方は少なくないはず。

ですが「バルクオムだと、全く肌トラブルが起きない」という口コミがたくさんありました。

やはり非常に優秀なスキンケアケアアイテムだと言って良さそうですね。

バルクオムの使用後レビュー

これまで使用していた肌ケアアイテムは、薬局などで買える普通のものでした。その分、バルクオムを使うようにしてからの皮膚のハリと潤いの変化は凄かったです!

手で自分の顔に触れると、なんとなく癒されてしまうくらいです。

悩みの種だったニキビも徐々に改善されてきています!

そして、肌ケアの事はほとんど何も知らなかったのですが、バルクオムの購入をきっかけに色々勉強できました。今では、意識して日々適切な肌ケアをするようにしています。

初めは「使用方法がややこしかったらどうしよう……」「実は効かない、なんて商品だったら困る」「そもそも良い商品を買えたのだろうか」などと心配していました。

ですが、バルクオムの注文の段階から振り返ってみても、今まで何一つ困った事はありません。

そして、何より皮膚が綺麗に・元気になってきているのが嬉しいです。

また「リンゴ幹細胞エキス」という優れた美容効果を持つ成分が豊富に含まれているにも関わらず、月額5000円で済むと考えると、継続しない理由がありません!

バルクオムの悪評の口コミとその理由

バルクオムは平成25年に登場した商品ですが、口コミがインターネット上にあまりありません。

そのため、プラスの口コミもマイナスの口コミもどちらも探しにくいというのが困りものです。

できれば、プラスの口コミとマイナスの口コミをそれぞれチェックしてから買いたいものですよね。

ですから、ここからは私が探し出した悪評の口コミを紹介していきます。加えて「そういう口コミになった理由」についても考えていきましょう。

20代男性
「口コミとは違った結果に」

これまで様々な肌ケアアイテムを試してきましたがダメ。そして、バルクオムでも僕の酷いニキビを改善させることはできませんでした。評価が高かっただけにガッカリです。

私は30日使った段階でこの口コミを残していますが、効果は出ませんでした。

次は皮膚科に行くつもりです。さすがに、素人ができる肌ケアだけでは限界があると思いますので。

30代男性
「雑誌やインターネットでよく見かけるバルクオムを買いました」

複数の肌ケアグッズを試してきましたが、私のオイリー肌を改善してくれるものはありませんでした。それでも何とかしたいと思い、必死にリサーチしてバルクオムに辿り着きました。

雑誌やインターネット上で高評価が集まっていたので、「効きそう!」と感じて買ったのですが正直イマイチでした……。

乳液を塗布してからの皮膚のベタベタ感が酷くて、使用感は最悪レベルでした。

それに、これまで使ってきた肌ケアアイテムよりも値が張りますので、リピートしたいとは思いません。

20代男性
「私の肌とは相性が悪いです」

ちゃんとした肌ケアがしたいと感じて、今回バルクオムを購入してみました。

メディアでも何回か取り上げられていると聞いていたので、効くと確信していたのですが、

私の肌との相性が悪かったので使用を断念しました。

「使い心地はさっぱり」という口コミが多いですが、私からすれば結構ベタッとしたテクスチャーに思えて満足できませんでした。

乾燥肌の方にはこれくらいが良いのかもしれませんが、普通肌の私には合いません。

ここまで、バルクオムに関する悪評の口コミを挙げてみました。

確かに「まあ、そうなるかもなあ~」と感じるものもありました。それに、肌質や体質によっても効き目や使い心地は変わってきそうですよね。

さて、バルクオムの効き目を実感できない方には、いくつか共通点があると言われています。

ここからは、その事について解説していきます。

バルクオムのマイナスの口コミの原因とは?

「バルクオムのおかげで肌が綺麗になった!」という口コミが比率としては多いですが、「効き目がなかった」「乾燥肌が治ることはなかった」とガッカリしている方もいます。

ちなみに私は「効果が出る可能性が高い」とバルクオムの事を評価しています。ただし、バルクオムの使用方法を厳守しないと、効き目が発揮されなくなってもおかしくないと思います。

原因1:使い方を間違えている

まず、ありがちなのが「使いすぎ」というミスです。確かに、いっぱい化粧水などを塗布した方が保湿効果が発揮されやすそうに思えるかもしれません。

実際、私自身バルクオム以前の乳液・化粧水は本当に頻繁に使っていました。

そして、それに加えて12時間起きに洗顔もしていました。

ですが、コレ間違っています!

バルクオムの乳液はベタベタ感がほぼなく、さっぱり感が強いですが、それでも使い過ぎればベトベトしてもおかしくありません。

ですから、目安量を守らず過剰に塗ってしまえば、上記の口コミのように使い心地が悪くなってしまう可能性が高いです。

とにかく、乳液・化粧水・洗顔の使用方法を厳守しましょう!

過剰使用すれば、かえって肌にダメージを与えてしまうだけです。「急がば回れ」という言葉を意識してくださいね。

原因2:肌との相性が悪い

「メンズ肌ケア商品」に分類されるバルクオムですが、それでも「肌との相性が悪い」と感じる男性がいるのは仕方がない事です。万人が納得する化粧品などありません。

(それでも一般的な肌ケアアイテムと比べれば、圧倒的にたくさんの男性に受け入れられてはいますが)

また「肌との相性」という部分だけでなく、「効果の出方」についても人それぞれです。

ですから、皮膚との相性が悪いのであれば、返金保証制度を利用しましょう。

肌トラブルが生じたときなどは、返品して料金を返してもらうことが可能です。

原因3:何らかのスキンケアアイテムと一緒に使っている

肌ケアを頑張っている方こそやってしまいがちな事だと思いますが、バルクオムと別のスキンケアアイテムを一緒に使うのは止めましょう。バルクオム→別商品→バルクオム……という感じで交代で使用していくのもNGです。

なぜなら、まず「商品同士の相性のせいで、それぞれの効果が激減してしまうかもしれないから」です。また、効果が出ないだけならまだしも、肌トラブルの原因になってしまう恐れもあります。

それぞれのアイテムの安全性は高くても、組み合わせれば何が起こるか分かりません。

ですから、基本的にバルクオムだけを用いていくようにしましょう。

原因4:生活習慣に問題がある

一例としては食事の習慣。

食事で脂肪分を摂取し過ぎると、血液の状態が悪くなって、オイリー肌になってしまいバルクオムの効き目が下がってしまう可能性があります。

また、肌にとって大事な栄養分であるミネラルやビタミンなどが不足している場合も、ニキビが発生しやすくなったり、皮膚が乾燥しやすくなったりする恐れがあります。

ですから、まずは食事の習慣を整えるようにしましょう。

ミネラルやビタミンを多めに。脂肪分を少なめにしていくのがポイントです。

また、言うまでもありませんが、身体や顔は毎日きちんと洗浄するようにしましょう。

仕事でヘトヘトだからタオルで雑に汗を拭いてそのまま就寝。などといった行動はNGです。

皮膚のコンディションがどんどん悪化していきます。

就寝する前にきちんと入浴して肌ケアを行い、皮膚を労わってから入眠するのが大事です。

⇒ニキビと食事の関係

バルクオムで皮膚が綺麗になった方の口コミ

25歳男性
「想像以上の効果があって驚きました!」

これまで様々な肌ケア商品を試してきましたが、バルクオムがダントツでトップです!

今までの肌ケア商品では「悪化させない」のが限界で、ニキビの「改善」はできませんでした。ですから、ニキビを消す事はほとんどあきらめていました。

ですが、バルクオムは別次元でした。

まず、顔を洗ってからの「皮膚のつっぱり」がない!

きっと皮膚の刺激になる成分がほぼ入っていないんだと思います。

そして、スタートから90100日くらいの時に「ニキビ治ってきてるね」と職場の同僚に褒められました。ニキビが改善されて本当に嬉しいです。

また、潤いが長時間キープされますし、使用感も抜群です。

もうバルクオム以外の肌ケア商品を探すつもりはありません!

32歳男性
「徐々にバルクオムの効き目が出始めています」

これまでは、ニキビ跡やニキビで悩んでいたのですが、バルクオムを僅か90日ほど継続しただけで、ハッキリと肌の状態が改善されてきています。

想像をはるかに超える効き目があったのでビックリしました。

注文した時点では肌活コース(1480円でした)だけ使ってすぐに解約するつもりだったので驚きです。

寝る前に塗布すると、潤いが次の日になってもキープされ、皮膚のコンディションがとっても良いです!

「使うアイテムで肌が大きく変わってくる」と分かったので、すぐに定期便で注文しました。

効き目に対して、値段はリーズナブルなので無理なく継続できます。

そのほかにもSNSでバルクオムの良い口コミをピックアップしました。

どうも、再び肌男です。 #持ち方むずい #バルクオム #バルバサダー #pr

西尾 宇宙さん(@everyday___hanaji)がシェアした投稿 –

ここまで、高評価の口コミを挙げていきました。バルクオムの効き目を実感している人が多いですね!

バルクオムの魅力の一つに「オイリー肌でも乾燥肌でも効く」ということがあります。

色々な肌質に対応しているというのはとても素晴らしいことだと思います。

バルクオムを使い始めてから7カ月後の効果を報告!

ここからは、私がバルクオムを継続してみての肌の変化などについてお伝えしていきます。

最初の12カ月程度は、とにかく使用方法を厳守することを意識していました。

すると、時期的に寒かったのですが、皮膚がほぼ乾燥しなくなりました。

そして、7カ月目。

あれだけ酷かった肌荒れとニキビが大幅に改善されて、美肌になりました!

3カ月目くらいに肌が明らかに変わってきているのが分かりましたね。

今までは深く考えずに肌ケアを行っていたのですが、意識を変えてバルクオムで適切に肌ケアをするようになってからは、皮膚のコンディションが非常に良くなっています。

さて、平均すると2カ月程度で目視で分かるくらいに効果が発揮されてくれるそうです。

(その前の段階でも、肌のカサカサ感が和らぐなどの効果が出ることが多いです)

ですから、まずは最低でも2カ月程度は継続するようにしましょう。とにかく「適切な方法で使っていく」という事を意識してくださいね!

⇒バルクオムを最安値で購入する方法はこちら