Archive for the ‘効果と成分’ Category

ニキビ跡やニキビにバルクオムは効くのか調べました!そして実は…

2018-07-12
男性用肌ケア商品として人気急上昇中のバルクオムは、メディアで紹介される機会も増えてきました。 口コミをご覧いただければ、バルクオムに優れた効果があるということは見て取れます。ですが「バルクオムがニキビ跡やニキビに効くのか」という事に関しては、あまり信じていない人もたくさんいるようです。 さて、ニキビ跡やニキビにに対してバルクオムは効果を発揮してくれるのでしょうか。

ニキビの発生原因は?

10代だけでなく20代以上の方にもニキビはできるものであり、実際それで困っている人はたくさんいます。 ニキビの発生要因は複数ありますのでそれぞれ紹介していきます。

皮膚の乾燥と古びた角質の蓄積

年齢を重ねるごとに代謝が衰えてターンオーバーが乱れていき、皮膚に邪魔な角質が蓄積しやすくなってしまうもの。また、ターンオーバーがおかしくなると、皮膚が乾燥に見舞われやすくなります。 毛穴を閉塞させている邪魔な角質は乾燥によってさらに硬化。そして、もっと毛穴が閉塞してしまいやすくなります。ニキビの引き金となる「アクネ菌」が閉塞した毛穴から殖えていき、ニキビが発生しやすくなるのです。

生活習慣の崩れ

化粧水や洗顔料だけでニキビを改善させるのは困難。 なぜなら、ニキビはストレスや睡眠不足によっても引き起こされるものだからです。 ストレスが蓄積したり睡眠が足りなかったりすると、ホルモンバランスがおかしくなります。そうなると「プロゲステロン」という皮脂の発生をサポートするホルモンが元気になってしまいます。 また、栄養の調和が取れていない事でもニキビは発生しやすくなります。 化粧水や洗顔料を使いつつ、生活習慣も整える。 それができてようやくニキビが改善していくという事ですね。

なぜニキビ跡やニキビにバルクオムが効くのか?

ニキビは「生活習慣の崩れ」や「皮膚の乾燥と古びた角質の蓄積」などによって引き起こされるものです。 そして、生活習慣を整えることも大事ですが、邪魔な皮脂を除去しつつ、皮膚を潤わせるというのもニキビを治したいのであれば欠かせない事だと言えます。 ただ、大半の洗顔料は本来残しておくべき皮脂まで除去してしまうので、それをカバーしようとしてかえって皮脂が出過ぎてしまう場合が多いです。 ですが、バルクオムには「邪魔な皮脂だけを除去しつつ、潤いを長時間キープする」という効果があります。成分構成がこの上なく工夫されているバルクオムですから「邪魔な皮脂だけを排除する」ということが可能なんです。 また、バルクオムの乳液や化粧水は潤いを長時間キープしてくれますから、ニキビが発生しにくくなります。 実際、バルクオムでニキビが改善できたという方はたくさんいます。 ですから、ニキビをなんとかしたいと考えているのであれば是非バルクオムを使ってみてくださいね。 ニキビに関してさらに詳しく調べるにはこちら⇒小林製薬株式会社

女性にバルクオムは効くの?深く分析していきましょう!

2018-07-12
バルクオムは男性向けの肌ケア商品であり、メディアや雑誌などでたびたび紹介されています。 そして、現在では女性にも注目されるようになっています。 実際、バルクオムユーザーの男女比は「男:女=64」くらいです。 バルクオムはメンズ用。ですが良い商品なので、たくさんの女性の役に立っているということですね。 男性の皮膚は女性のそれに比べて非常にデリケート。カミソリ負けしやすいですし、それ以外の刺激にも実はかなり弱いです。 女性の方が肌ケアを頑張っている人が多いですが、もちろん男性も肌ケアを怠ってはなりません。 そして、結局のところ「バルクオムは男性にも女性にも有効!」と言えます。 ですが、ここでは「バルクオムを女性が使うケース」の事を中心に解説していきますね。

オイリー肌の女性は少なくない

男性にはオイリー肌の方がたくさんいますが、実は女性にもオイリー肌の方は多いです。 ですが「女性でオイリー肌の人」向けの肌ケアアイテムはあまり出回っていません。 しかし、バルクオムは女性でも使えます。 さて、店売りの一般的な男性用肌ケアアイテムは、皮脂を強力に除去してくれます。ですが、肌に留めておくべき皮脂まで除去してしまい、むしろ肌にダメージを与えてしまう場合が多いので、男女問わず推奨できません。 ですが、バルクオムは「皮脂を程よく除去する」ということをしてくれますから、女性でオイリー肌の方でも安心して使うことができます。 また「暑いとオイリー肌・寒いと乾燥肌になる」という方も少なくないでしょうが、乾燥肌もバルクオムはしっかりケアしてくれますので、オールシーズン役立ってくれます。 さて、そんなバルクオムは乳液・化粧水・洗顔料の3点セットです。 試してみたので、それぞれの使い心地を紹介していきますね。

濃密泡の洗顔料

バルクオムの洗顔料はいわゆる「生石鹸」。柔らかくモコモコな泡ができるのが魅力です。 顔の上で泡を転がすだけで、汚れをキャッチして肌を綺麗にしてくれますから、こする必要がありません。 実際、この泡の心地よさにハマってしまう方がたくさんいます! 保湿力も高いため、サッパリしていつつも、洗顔後に肌が突っ張ることがありません。 ただし、手で泡を立てるのは結構大変なので、顔を洗う際には必ず泡立て用ネットを使いましょう。 男性で泡立て用ネットを常用している方は多くないでしょうが、女性であれば馴染み深いはずですよね。

化粧水で皮膚の奥部まで保水

バルクオムの化粧水は、ベタベタ感が少なくサラサラ。それでいて保湿効果に優れているので使い心地が抜群に良いです。 手に出すとちょっとトロトロしているので、不安になるかもしれませんが、いざ肌につけてみるとスーッと肌に浸透するので、ベタベタ感はほぼありません。 また、男性の髭剃り後に用いても痛くならないという点でも高く評価されています。 ですから、吹き出物や傷がある状態の女性の肌に対しても安心してつけることが可能です。

乳液の保湿効果も非常に高い

保湿効果に優れているのがバルクオムの魅力。しかも、その保湿効果は長時間キープされます! 「就寝前に塗布しても、朝方には乾燥してしまっている」というのが一般的な乳液ですよね。 ですが、バルクオムの場合は違います。寝る前に乳液を使えば、次の日の朝まできちんと潤いを保ってくれます。 しかし、乳液に関して心配なのは「ベタベタ感」ですよね。 女性の場合は「保湿効果に優れていれば、ベタベタしていても構わない」という方が多いですが、男性はそうでもありません。ベタベタしているとそれだけで見向きもしなくなってしまう人が大半です。 ですが、バルクオムの乳液はそんな男性の皆さんにも大好評です。 つまり、ベタベタ感がほとんどないという事ですね。 ですから、女性の皆さんもサラッと快適に使うことができるはずです。

女性にもバルクオムはとっても役立つ!

バルクオムに関して様々に解説しました。結論を言いますと、女性にもバルクオムは大いに役立ちます。メンズ肌ケア商品だからと言って、男性しか使えないなどという事はないんです! むしろ「男性の皮膚の方がデリケート」という側面もありますので、そんな男性向けの肌ケア商品を使えば、女性の肌環境はかなり向上するはずです。 興味が出たという皆さんには、オフィシャルサイトの肌活コースをおすすめします。 1480円というリーズナブルさが魅力です。

バルクオムの配合成分と効果について【洗顔料編】

2018-07-12
数ある男性向け肌ケア商品の中でも、バルクオムはトップクラスで優秀です。優れた効果がありますから、SNSなどでも高く評価されています。 洗顔後の肌のモチモチ感や商品自体の使い心地に関しても、かなり多くの方が絶賛! 実際、私も「どんな肌ケアアイテムを使うかで、肌の状態ってすごく変わるんだ!」とバルクオムのおかげで痛感したものです。 それまでは店売りの一般的な肌ケアアイテムを利用していたので、ケアするどころかむしろ肌に負担になってしまっていたような気がします。 では、バルクオムには、なぜそれほどまでに優れた効果があるのでしょうか。 ここでは洗顔料の効果と配合成分について詳しく紹介していきますね。

クレイミネラルズ

特殊な土を素材とした成分です。 クレイミネラルズには「オレイン酸」という皮脂内の成分をキャッチする効果がありますから、皮脂が原因の汚れを十分に除去する事が可能です。 ただし「皮脂だけでなく水分まで除去してしまう」というのが従来のクレイミネラルズの弱点でした。 ですが、バルクオムには特殊なクレイミネラルズが入っていますので、ほぼ皮脂だけをキャッチしてくれます。(水分を弾く性質があるため)

加水分解シルク

髪の毛や肌への浸透力や吸着力が高い成分。皮膜を作ったり、保湿をしたりしてくれます。 加えて、皮膚の弾性を向上させる効果もあります。 自然の蚕が出す絹を材料とする高級な成分であり、安全度もバッチリです。 加水分解シルク配合の商品は得てして使い心地に優れているもの。 もちろん、バルクオムもその例外ではありません! ちなみに、店売りの肌ケア商品において加水分解シルクが含まれているものはほぼ存在しません。

セイヨウシロヤナギ樹皮エキス

セイヨウシロヤナギが持っている「サリシン」という成分は、身体の中で「サリチル酸」に変質します。 サリチル酸にはマイルドに角質を除去して、肌のターンオーバーを安定させる効果があります。また、熱を下げる効果、痛み・炎症を和らげる作用なども期待できます。 オールマイティーな成分ですよね。 ※セイヨウシロヤナギ:2030メートルもの高さがある植物。湿った環境を好む

バルクオム(洗顔料)の配合成分まとめ

ここまでバルクオムの洗顔料の効果や配合成分について解説してきました。 肌ケアアイテムの含有成分やその働きを知ることで、もっと良いスキンケアが行えるようになると思います。 ここで紹介した以外にも、アンチエイジング作用のある「リンゴ幹細胞エキス」が含まれているのですが、この成分の詳細に関しては「バルクオムの含有成分と効果【化粧水編】」をご覧ください。 私もこれまでは効果や配合成分の事を知らないままスキンケアを行っていました。 ですが、成分の働きを把握してからは、より良い肌ケアができるようになったと思います。 また、「ああ、これは素晴らしい肌ケアアイテムだな」と、商品を見分けられるようにもなりました。 今まで様々な肌ケアアイテムを使ってきましたが、バルクオムはその中でも一、二を争うくらいに優れた商品だと感じています。 さて、バルクオムのトライアル用の肌活コースが今1480円で販売されています。使い心地などを確かめたい方はぜひ購入してみたくださいね。 ちなみに、肌活コースはキャンペーンの一環であって販売がいつ終わるか分からないので、早めに買っておくことをおすすめします。
バルクオムの購入はこちら

⇒私が実際にバルクオムを使った体験談はこちら

バルクオムの主役!リンゴ幹細胞エキスの優れた効果とは?

2018-07-12
私は日々バルクオムを使って肌をケアしているのですが、ここではそのバルクオムの主役とも言える「リンゴ幹細胞エキス」という成分に関して紹介していきます。 リンゴ幹細胞エキスはバルクオムの最重要成分と言っても過言ではありません。 そんなリンゴ幹細胞エキスにはどのような効果が期待できるのでしょうか。

リンゴ幹細胞エキスの材料は?

もちろんリンゴが材料なのですが、ただのリンゴではなく「ウトビラー・スパトウラバー」という特殊なリンゴが採用されています。 18世紀のスイスで品種改良を経て誕生したこのリンゴ。 味が落ちにくく、腐敗しにくいという事で大活躍していたそうです。 実際、このリンゴは120日放置していても悪くならないと言われています。 保存が利くため昔は重宝されていたのですが、冷蔵庫が普及するにつれて他にも長期保存可能な食品が急増。それに伴い、このリンゴの需要は急激に低下する事となりました。 そのため、現在はウトビラー・スパトウラバーの木は地球上に20本しか存在しておらず、保護対象となっています。 ただし、このリンゴ。味が落ちにくいのは確かですが、酸味が強すぎて元々美味しくなかったという話も……。

なぜこのリンゴは腐敗しにくいのか?

結論から言いますと「このリンゴの自己修復能力が高いから」です。 比較的最近判明したのですが、なんでもウトビラー・スパトウラバーの栄養素の一部に「自分自身の細胞を修復して、キープする能力」があるのだとか。 「リンゴ幹細胞エキス」は、この自己修復力を美容品に応用すべく開発された成分なのです!

リンゴ幹細胞エキスの魅力とは?

幹細胞が元気だと皮膚のターンオーバーが安定するので、肌のハリがアップします。 ですから、皮膚の老化を防ぐためには幹細胞に注目する必要があるという事ですね。 そして、リンゴ幹細胞エキスには、幹細胞の働きを補助する効果があります。 その優れた機能から、ホンマでっかTV(フジ)でも大々的に紹介されたほどです。 皮膚はターンオーバーを続けていますが、その周期がおかしくなると肌質が悪くなっていきます。邪魔な角質が蓄積して毛穴を閉塞させるので、肌トラブルにも見舞われやすくなります。ですから、美肌をキープするためには、ターンオーバーの周期を整えることが大事です。 そのため、近年では幹細胞にアプローチしてくれる美容品が多く登場しており、実際売り上げを伸ばしているものもたくさんあります。 バルクオムもその一種であり、皮膚のコンディションを力強く高めてくれます。 ただ、「幹細胞コスメ」は女性向けのものばかりで、男性向けのものはあまりありませんでした。 それゆえ、メンズスキンケアグッズのバルクオムはかなりの注目を集める事となりました!

バルクオムの真の魅力は?

リンゴ幹細胞エキス以外にもバルクオムの魅力はたくさんあります。 その一つが「開発方針」。 肌ケアアイテムのみならず、本当に優れた商品を作りたいのであれば、コストは度外視するべきですよね。ですが、経営もありますので現実にはそうもいきません。 しかし、バルクオムは本当にコストの事を考えずに作られています! そのため、肌ケアアイテムの中でも最上級のアイテムとして仕上がりました。 ですから、バルクオムは男性向けではあるのですが女性のユーザも増え続けています。 ちょっとくらい値が張ってもきちんと効いてくれる商品の方が、安いけれど効かないものよりもよほど良いですよね。 実際、バルクオムは決して安くはありませんが、効果は高いのでコスパは抜群。 本当に優れた肌ケア商品を使いたいのであれば、バルクオムを強く推奨します。 まずは、リーズナブルな肌活コースから購入してみると良いですよ。

バルクオムに入っている成分と効果について【化粧水編】

2018-07-12
男性向け肌ケアアイテムの宣伝文句としてよく見かけるのは、例えば「皮脂をごっそり除去できる」ですとか「サッパリした使用感」などですよね。 ですが、実は女性に比べて男性の皮膚は乾燥しやすいとされています。 なぜなら、女性はメイクなどでUV等のダメージか皮膚を保護しているから。 男性はほほメイクをしませんから、刺激が直撃してしまうというわけですね。ですから、皮膚がカサカサになっている男性は多いです。 そして、バルクオムという男性向け肌ケアアイテムには、そんな乾燥肌を治す効果があると言われています。 バルクオムで保水して、皮膚のもっちり感をキープしましょう。 さて、肌を保水するために最も役立つのは化粧水です。バルクオムの保湿・保水効果は非常に優れています。 では、なぜバルクオムは優秀なのでしょうか。バルクオムの化粧水の効果や含有成分について見ていきましょう。

バルクオムの化粧水の長所

優れた保湿効果を持つ化粧水は、ベタベタ感が強い傾向にあります。 そして大半の男性は使い心地を重視していますから、少しでもベタベタしているものは避けられる場合が多いようです。 ですが、バルクオムの化粧水は、ベタベタ感がほぼゼロ。それでいて保湿効果が非常に高いです。ちなみに、開発・製造費の事を全く考えずに、男性向けの最上のアイテムを作り上げたそうですから、配合成分も非常に豪華。実際、90パーセント近いユーザー満足率を記録しています。 では、そんなバルクオムの化粧水にはどのような成分が入っていて、どのような効果が期待できるのでしょうか。

リンゴ幹細胞エキス

バルクオムの最大の魅力はこのリンゴ幹細胞エキスが入っているという事です。 この成分の原料は「ウトビラー・スパトウラバー」という、もう20本しか残っていない木から採れるリンゴです。 このリンゴは放っておいても120日前後腐敗しないので、その特性上大活躍していた時代もありました。ですが、冷蔵技術が発展し、もっと美味しいものがたくさんある今となっては、酸味の強いこのリンゴの出番はほとんどなくなってしまったのだとか。 さて、以下のような実験が行われたことがあります。 実験内容:20名にリンゴ幹細胞エキス2パーセントが入った美容液を使ってもらう →実験結果:20名全員のシミやシワが和らいだ 驚愕の結果ですよね。この実験によって、リンゴ幹細胞エキスにはアンチエイジング効果があるという事が明らかになりました。 ちなみに、そのポテンシャルの高さで注目され、バラエティー番組の「ホンマでっかTV」で特集された事もあります。

エピガロカテキンガレート

カテキンの仲間です。抗酸化効果があるのがカテキンの魅力ですが、エピガロカテキンガレートは中でも特に優れた抗酸化力を持つとされています。 そのため、皮膚のターンオーバーを正常化して、ニキビ・そばかす・シミなどを防止する事も可能な成分であると言えます。 また、この成分には防菌作用もあります。

グリセリルグルコシド

食用の成分であり、とても安全性に優れています。 そして、極めて高い保湿力があることでも有名。加えて、皮膚の血管や組織を収縮させて引き締める効果(収れん効果)もあります。 皮膚が引き締めつつ潤いをキープ。それによって皮脂の過剰発生が起きにくくなり、肌がベタベタしなくなります。 また、皮脂の発生を制御してくれるわけですから、暑い時期に特に役立つ成分だと言えますよね。

バルクオム(化粧水)の配合成分まとめ

ここまでバルクオム(化粧水)の配合成分に関して解説しました。 バルクオムで保水・保湿をすれば、肌のアンチエイジングを進めていくこともできますよね。 もしかしたら、すぐには「劇的」と表現するほどの効果は出ないかもしれません。 ですが、普通の肌ケアアイテムを継続利用した人と、バルクオムを継続使用した人では、数年先の肌のコンディションに大きな差が出ることでしょう。 バルクオムの使用手順は3つ(洗顔料→化粧水→乳液)しかありません。 全部使っても3分くらいしかかからないので、ぜひ継続利用してみてくださいね。 特にこれまで店売りの普通のスキンケアアイテムを使っていた人ほど、程なくしてバルクオムの化粧水の凄さが理解できることでしょう。
バルクオムの購入はこちら

⇒私が実際にバルクオムを使った体験談はこちら

バルクオムに入っている成分とその効果について【乳液編】

2018-07-12
私は肌ケア商品のバルクオムのリピーターです。そんな私が、ここではバルクオムの乳液について紹介していきます。 個人的に、バルクオムの最大の長所は保湿作用が長時間キープされるということだと思います。 今まで購入していた肌ケアアイテムは、就寝前に利用しても次の日の朝には皮膚がカサカサになってしまっていました。ですが、バルクオムの場合は、朝になっても肌の潤いがキープされているんです。 そして、バルクオムの中でも乳液が、その保湿力を最もよく支えているのだそう。 ここでは、そんな乳液に入っている成分と、それに期待できる効果に関して解説していきますのでぜひご覧ください。

バルクオム乳液の長所

乳液には、化粧水や洗顔で補った水分や成分を逃がさないようにする効果があります。 ですから、どれだけ優れた肌ケア商品を使っても、乳液を省略していると効果が下がってしまうのです。男性にとって乳液はあまり馴染みのないアイテムだと思いますが、必ず使うようにしてくださいね。 そして、乳液には水分や成分を逃がさないようにしてくれる分、ベタベタ感が強いという欠点がありました。私も店売りの女性向けの乳液を試したことがあるのですが、使用後のベタベタ感が酷すぎるので、とても続ける気にはなれませんでした。 ですが、バルクオムの使い心地はかなり爽やかです。ベタベタ感はほぼありませんでした。ですから、私は今も積極的に継続使用しています。 では、そんなバルクオムの乳液にはどのような成分が入っているのでしょうか。

リンゴ幹細胞エキス

「ウトビラー・スパトウラバー」という、120日間腐敗しないとされている特殊なリンゴの幹細胞を原料とする成分です。 これがバルクオムにおいてもっとも重要な成分だと言えるでしょう。 このリンゴは現在はスイスに20本しかないのですが、皮膚の栄養を補ってターンオーバーを整えてくれる効果があります。その効果の凄まじさから明石家さんまさんの「ホンマでっかTV」で紹介されたこともあります。

チャ葉エキス

この成分には、エピガロカテキンガレートという皮膚の酸化をブロックする効果のある物質が多く入っています。カテキンにも同じ効果がありますが、エピガロカテキンガレートは通常のカテキンに比べてその効果が高いそうです。 抗酸化効果によって、皮膚の老化を防止する。 これもまたバルクオムの重要成分と言えそうですね。

ユズ果実エキス

ユズ果実エキスには「精油成分」と「有機酸」という、皮膚細胞の生成を補助する効果のある成分が入っています。 皮膚に有機酸がつくと、皮膚の内部に眠っていた成分が徐々に表面に上昇してくるのだとか。 それによって「皮膚の水分を補わなければ!」と身体が本能的に判断するので、いつでも肌内部の水分をキープすることが叶うという理屈です。 ちなみにユズ果実エキスには、他にも皮膚のキメやハリを安定させる効果もあります。 幅広い作用を有する美肌成分ということですね。

バルクオム(乳液)のまとめ

バルクオムの乳液は男性向けです。 ですから、男性が好む「使い心地が非常によく、しかも優れた効果を持つ」という条件をしっかり満たしています。 私も試しましたが乳液でここまでサラサラしているものは、なかなかないと思います。 ちなみに、バルクオムは3点セット(洗顔料→化粧水→乳液)の商品ですから、乳液だけでなく他の2つのものもきちんと使って、出来る限り効果を引き出してくださいね。 そして、バルクオム未経験の人には、肌活コースの購入を推奨します。 乳液・化粧水・洗顔料の3点セットがわずか2380円で買えてしまいます!ですから、コストパフォーマンスはかなり良いと思います。 その効果の高さにビックリするはずですので、ぜひ試してみてくださいね。 私がバルクオムを試してみたときのレビューはこちらからご覧ください。
バルクオムの購入はこちら

⇒私が実際にバルクオムを使った体験談はこちら

バルクオムでニキビなどの肌トラブルを治すことは可能なのか?

2018-07-12
男性向けの肌ケアアイテムであるバルクオム。かなりの人気商品ですが、ありとあらゆる皮膚のトラブルを治すことは可能なのでしょうか。 ここでは「どんな皮膚のトラブルでもバルクオムで治すことができるのか」ということについて考えていきましょう。 まず、バルクオムでは以下のようなものを改善できると言われています。 一例としてこのような皮膚トラブルをバルクオムで改善できると言われています。 では、具体的にはどのようにしてバルクオムでこのような状態が正常化されていくのでしょうか。また、そもそもなぜこのような肌トラブルが発生してしまうのでしょうか。

乾燥肌

皮膚の水分量が低く、カサカサしやすいのが乾燥肌です。 皮膚の水分量は平均して30パーセントを超えているとされていますが、乾燥肌の場合は20パーセントを切ってしまう場合があります。 さて、薬局などで買える一般的な洗顔料を用いている男性は少なくないと思います。 ですが、そういった洗顔料は洗浄効果が高過ぎるので「残しておくべき皮脂」まで除去してしまう可能性が高いです。 加えて、洗顔の後に乳液や化粧水を全く塗らないという方が大半なのではないでしょうか。これでは皮膚がどんどんカサカサになっていってしまいます。 ですが、バルクオムの洗顔料は「適度に」皮脂を除去してくれる成分構成になっていますから、皮膚が乾燥に見舞われにくいです。 また、乳液も化粧水も保湿効果に優れており、長時間皮膚の潤いが保たれるので、乾燥肌の改善が望めます。

オイリー肌

特に2030代の男性に目立つオイリー肌。「皮脂の出過ぎの影響で、顔がテカってしまったりベタベタしたりしている」という状態です。 「肌がそもそもオイリーなのだから、乳液や化粧水は避けるべき」と感じているかもしれませんが、それは勘違いです。乳液や化粧水はむしろオイリー肌の方こそ使うべきアイテムです。 顔を洗ってそのまま放置しておくと、どんどん乾燥して、皮膚を保護するために本能的に皮脂がたくさん発生してしまいます。 つまり「皮脂の発生の原因は乾燥」なんです。 皮膚が乾燥した際に皮脂が「出過ぎる」のがオイリー肌、皮脂が「出なさ過ぎる」のが乾燥肌という事ですね。 そして、バルクオムで肌の乾燥を防ぐことができれば、皮脂の過剰発生をブロックすることが可能です。

ニキビ

10代の頃のニキビは主に「思春期ニキビ」。20歳くらいからは主に「大人ニキビ」が発生するようになります。 そして「皮膚のターンオーバーが乱れている」というのが、大人ニキビの要因の大半です。 ターンオーバーがおかしいと肌に邪魔な角質が蓄積しやすくなり、毛穴が閉塞。そしてアクネ菌が殖えやすくなり、ニキビが出来やすい肌環境に陥ってしまいます。 ですが、皮膚のターンオーバーを安定させる効果のある「リンゴ幹細胞エキス」という成分がバルクオムには入っていますので、使うことで肌のアンチエイジングを進めていく事が可能です。 皮膚のターンオーバーが安定すれば、ニキビの防止・改善が実現します。 つまり、バルクオムでニキビをケアすることもできるという事ですね。

敏感肌

実は「敏感肌」の定義が明確に存在するわけではありませんが、「強力な化粧品や洗顔料などを使用した際に皮膚が発赤したり、荒れたりしゆすい状態」の事を一般的に敏感肌と呼んでいます。 敏感肌の原因の大半は「皮膚の乾燥」です。皮膚の水分量が少なくなると、肌自身の保護能力が衰えて、外部からのダメージに対する抵抗力が下がってしまうので、ちょっとしたダメージでも皮膚トラブルが起きやすくなります。 そして先述の通り、乾燥肌にもバルクオムは効きますので、当然敏感肌にも効くと言えます。 ただし、バルクオムだけで敏感肌を治すというのは無理があります。 ですから、皮膚の状態を良くしてくれるタンパク質などの栄養分を積極的に摂取してください。卵、乳製品、魚類、肉類などから摂るのがおすすめ。 タンパク質は肌の材料です。ですから、タンパク質を多めに摂取すれば、皮膚が再生しやすくなりますよ。

様々な皮膚トラブルをバルクオムはケアしてくれますが…

結論を言いますと、バルクオムを使えば大半の皮膚トラブルを改善することができるはずです。 ですが、皮膚トラブルを本当にケアしたいのであれば、普段の生活習慣を改善していく必要もあります。 バルクオムを導入したからと言って油断せず、食習慣や睡眠習慣も整えてみて下さいね。 ちなみに、バルクオムはまずは「肌活コース」から挑戦するのがおすすめ。 オフィシャルサイトで僅か1400円で買えますよ。

バルクオムの効果を最大限引き出す12のコツ

2018-07-12
私はバルクオムで日々肌のお手入れを行っています。 バルクオムは決して安いものではないので、効果がきちんと出てくれるかどうか不安という人も少なくないと思います。 私はバルクオムを買ったことがきっかけで、肌ケアに対する価値観が一気に変わりました。 乳液・化粧水・洗顔の適切な使用方法を調べて効き目を出来る限り引き出せるようになりましたし、ネットや書籍で調べて肌ケアの秘訣も色々と知りました。 バルクオムは非常にいい商品だと私は思っていますが、それでも使い方が間違っていれば効果が激減してしまってもおかしくありません。 ですから、ここではバルクオムの乳液・化粧水・洗顔の最適な使用方法を紹介していきます。

洗顔料の最適な使用方法

1.夜は絶対に顔を洗う

バルクオムの推奨使用頻度は12度(朝・夜)ですが、朝は必ずしも洗顔料を使用しなくても良いと思います。ですが、夜は絶対にバルクオムを使用しましょう。 なぜなら、皮膚に蓄積した脂質やその日かいた汗は、就寝中に酸化して肌への刺激になってしまうからです。また、菌が殖えてニキビが発生しやすくなりますので、夜は絶対にバルクオムの洗顔料を使ってください。 そうしないと、皮膚の状態がどんどん悪化していってしまいます。

2.バスルームから出る直前に洗顔をしましょう

一通り入浴してバスルームから出る時が、洗顔のタイミングとして最適です。 なぜなら、身体がポカポカしていて毛穴が拡がり、邪魔な皮脂や汚れや除去されやすくなっているからです。

3.洗顔の際は力を込めないように!

顔を手で擦るのは絶対にやめましょう。それをしたところで顔に痛みを感じるような事はないでしょうが、実は皮膚にはかなりの刺激が及ぶことになります。 ですから、ぬるま湯をたっぷり使って軽く洗うようにしましょう。

4.ぬるま湯は32℃がベスト

そのぬるま湯の温度は32℃がベストです。やや冷たいと思うかもしれませんが、これが最適です。 ちなみに、オイリー肌の場合は2830℃くらいのぬるま湯で数回に分割して洗浄するのがおすすめ。 毛穴が収れんされるので、邪魔な皮脂が発生しにくくなりますよ。

化粧水の最適な使用方法

1.化粧水は顔を洗った直後に使う

顔を洗った後の皮膚の水分は、想像以上の速度で気化していってしまいます。 ですから、顔を洗ったら即座に化粧水を使いましょう。 「髪にドライヤーを当ててから化粧水を使う」というのでは遅すぎます。

2.水分をきちんと拭く

皮膚に水気があるまま化粧水を塗ると、保湿力がダウンしてしまいます。 ですから、余計な水気をしっかり拭いてから用いるようにしましょう。 ただし、過剰に乾燥させるのはNGです。

3.手で化粧水を付けよう

化粧水は原則として手で付けるようにしましょう。コットンを使うと皮膚へのダメージになってしまいますので(肌が弱い方は特に気を付けなくてはいけません)、手で丁寧に付けるのが大事です。 また、手に化粧水を出したら、液体に手の熱を伝えてあげましょう。そうすると、皮膚への浸透性がアップするので、より効果が出やすくなると言われています。

4.過剰使用は厳禁

実は、化粧水を多めに塗ったからといって効果が上がるものではありません。 お金ももったいないので、使い過ぎないようにしましょう。

乳液の最適な使用方法

1.化粧水の使用後、しばらくたってから乳液を使う

今度は少し待ってから乳液を使いましょう。そうしないと、乳液と化粧水が混合してしまうからです。乳液を使うのは、化粧水が肌に十分に染み込んでからでOKです。

2.手の熱を伝える

乳液に手の熱を伝えると、皮膚への浸透性がアップします。化粧水と一緒ですね。 手のひらに出したら、しばらく待機。やや温まってから顔に使うようにしましょう。

3.ほうれい線を伸ばすイメージで塗る

乳液はほうれい線を伸ばしていくイメージで塗りましょう。そうすることで、肌の持ち上げ効果も望めます。 また、ほうれい線以外の部分に関しても、優しく顔の中側から外側に塗っていくのが大事です。

4.適切な方法でバルクオムを使用して効果をできるだけ引き出そう!

ここまでバルクオムの効き目をできる限り引き出すための使用方法を挙げていきました。 中には意外な内容もあったのではないでしょうか。早速試していただければ幸いです。 バルクオムを使って肌ケアを行うことで、綺麗で元気な皮膚環境が10年、20年と続いていく事でしょう。 ちなみに、バルクオム未経験の方はまずは肌活コースを試すのがおすすめ。 それで効果の凄さを確かめてみましょう!

男性の肌荒れ対策にはバルクオムを選ぶべき理由

2018-03-20

美しい肌を手に入れるためにスキンケアを行うと言うと、女性のイメージが強いです。確かに多くの女性が美しい肌を手に入れ、それを維持するために毎日きちんとスキンケアを行っていたりします。

ですが肌荒れするのは何も女性だけでなく、何もしないでいると男性も荒れてしまうので注意が必要です。実際に化粧品メーカーの中には、男性用のスキンケア用品を販売している所は珍しくありません。

⇒私がバルクオムを使った体験談はこちら

ただし女性の場合はスキンケアをするのが当然であるため、友人や同僚から良いスキンケア用品の情報を仕入れる事が可能です。所が男性の場合は、まだスキンケアをしっかり行うのが当たり前とまではいっていません。お陰でどのスキンケア用品を利用すれば肌の状態が良好になるかが、分かり難かったりします。

しかも女性のスキンケア用品と同様に、いい加減に選んでしまうと肌の状態を良好にする所か肌荒れを招いてしまうので厄介です。

そんな風にスキンケアで肌を良い状態にしたいものの、どの商品を選ぶべきかで悩んでいる男性にはバルクオムの使用がおすすめです。数ある男性用のスキンケア用品の中でバルクオムをおすすめする理由は、肌にとって必要なケアをきちんと行えるからだったりします。

 

例えば洗顔ですが汚れを落とすためとはいえ、ゴシゴシと力任せに洗うのはおすすめ出来ません。摩擦により肌にダメージが蓄積されて、肌荒れを招く原因となります。男性でも肌が敏感な人はいるので、そういった人は特に肌に余計なストレスを与えるのは避けるべきです。

バルクオムの洗顔料は、生石鹸による濃厚で弾力のある泡立ちが売りとなっています。お陰で洗顔時に肌に摩擦が生じるのを回避出来ると共に、肌の潤いを奪う事なく余計な皮脂や汚れだけを洗い落とす事が可能です。肌に負担を掛けずに、綺麗に洗い上げる事が出来る点は非常に魅力的だったりします。

更にバルクオムの化粧水も、男性の肌にとって嬉しい効果を得る事が可能です。肌に塗る事で隅々まで潤い成分を浸透させる事が出来るので、洗顔後に乾いて肌荒れするのを防ぐ事が出来ます。

しかもシェービング後に塗れば肌にしみる事はない上に、適度に潤いを与えてダメージが蓄積するのを防ぐ効果が期待可能です。

バルクオムの乳液も、肌にしっかりと潤いを与えて肌荒れの原因である乾燥を防ぐ事が出来ます。もっとも乳液と言ってもベタついたり重く感じさせる事はないので男性でも無理なく普段使いする事が可能であり、使い勝手が良い点も魅力的です。

 

バルクオムの商品に配合されている特徴的な成分

2018-03-20

バルクオムは洗顔料や化粧水、乳液といったスキンケアアイテムを中心にしているメンズスキンケアブランドです。このようなスキンケアアイテムの他には、日焼け止めやボディウォッシュ・ボディトリートメントなどもラインナップされています。

バルクオムには全商品に配合されている特徴的な成分があります。どのような種類があるのか、チェックしてみましょう。全製品配合には共通して7種類の成分が配合されています。まず1つ目は「リンゴ幹細胞エキス」です。リンゴ完成棒エキスは、海外のとても希少なリンゴから抽出した幹細胞で保湿効果や、アンチエイジング効果に優れた効果を発揮します。

温泉水も特徴的な成分の1つです。しかも、ただの温泉水ではなく出雲の玉造温泉が選ばれています。玉造温泉は日本最古の美肌の湯としても知られており、角質層を潤す働きにとても長けているのが特徴的です。保湿効果はリンゴ幹細胞や玉造温泉水の他に、グリセリルグルコシド・加水分解シルクも担っています。

 

また肌を整えるチャ葉エキス・チャ葉エキス・セイヨウシロヤナギ樹皮エキスという、植物由来のエキスもバルクオムの全商品に含まれています。その他には商品の特徴や特性に合わせて、より効果を高めてくれるような成分を配合している点がバルクオムの特徴的です。

例えば、洗顔料・乳液・ボディウォッシュには洗浄作用のあるクレイミネラルズが配合されています。特に肌の汚れを落とす洗顔料には、質の高い洗浄成分を使っているようです。

栃木県鹿沼市のクレイミネラルズとベントナイトが配合してあります。クレイミネラルズとベントナイトは、不要な汚れと皮脂を吸着し落とすという効果を発揮するのがポイントです。

男性の場合、女性よりも皮脂分泌が多く洗顔料を使っても、毛穴の中に詰まった皮脂を落とし切れないケースも少なくありません。毛穴の中に残った皮脂・汚れは毛穴詰まりや毛穴の黒ずみを引き起こします。

 

クレイミネラルズとベントナイトは汚れを落とす作用が高いのにも関わらず、肌に必要な潤いは残してくれるので肌に負担をかけずに汚れはしっかり落とすことが可能です。化粧水にはトレハロースが含まれています。トレハロースは、与えた水分が逃げないようにしてくれる働きがあるものです。

さっぱりとした使用感ながら、肌の潤いを長くキープしてくれます。他にも日焼け止めにはアーチチョーク葉エキスが、フェイスマスクにはイチゴ種子エキスが使われています。

« Older Entries