男性向けの肌ケアアイテムであるバルクオム。かなりの人気商品ですが、ありとあらゆる皮膚のトラブルを治すことは可能なのでしょうか。 ここでは「どんな皮膚のトラブルでもバルクオムで治すことができるのか」ということについて考えていきましょう。 まず、バルクオムでは以下のようなものを改善できると言われています。 一例としてこのような皮膚トラブルをバルクオムで改善できると言われています。 では、具体的にはどのようにしてバルクオムでこのような状態が正常化されていくのでしょうか。また、そもそもなぜこのような肌トラブルが発生してしまうのでしょうか。

目次

乾燥肌

皮膚の水分量が低く、カサカサしやすいのが乾燥肌です。 皮膚の水分量は平均して30パーセントを超えているとされていますが、乾燥肌の場合は20パーセントを切ってしまう場合があります。 さて、薬局などで買える一般的な洗顔料を用いている男性は少なくないと思います。 ですが、そういった洗顔料は洗浄効果が高過ぎるので「残しておくべき皮脂」まで除去してしまう可能性が高いです。 加えて、洗顔の後に乳液や化粧水を全く塗らないという方が大半なのではないでしょうか。これでは皮膚がどんどんカサカサになっていってしまいます。 ですが、バルクオムの洗顔料は「適度に」皮脂を除去してくれる成分構成になっていますから、皮膚が乾燥に見舞われにくいです。 また、乳液も化粧水も保湿効果に優れており、長時間皮膚の潤いが保たれるので、乾燥肌の改善が望めます。

オイリー肌

特に2030代の男性に目立つオイリー肌。「皮脂の出過ぎの影響で、顔がテカってしまったりベタベタしたりしている」という状態です。 「肌がそもそもオイリーなのだから、乳液や化粧水は避けるべき」と感じているかもしれませんが、それは勘違いです。乳液や化粧水はむしろオイリー肌の方こそ使うべきアイテムです。 顔を洗ってそのまま放置しておくと、どんどん乾燥して、皮膚を保護するために本能的に皮脂がたくさん発生してしまいます。 つまり「皮脂の発生の原因は乾燥」なんです。 皮膚が乾燥した際に皮脂が「出過ぎる」のがオイリー肌、皮脂が「出なさ過ぎる」のが乾燥肌という事ですね。 そして、バルクオムで肌の乾燥を防ぐことができれば、皮脂の過剰発生をブロックすることが可能です。

ニキビ

10代の頃のニキビは主に「思春期ニキビ」。20歳くらいからは主に「大人ニキビ」が発生するようになります。 そして「皮膚のターンオーバーが乱れている」というのが、大人ニキビの要因の大半です。 ターンオーバーがおかしいと肌に邪魔な角質が蓄積しやすくなり、毛穴が閉塞。そしてアクネ菌が殖えやすくなり、ニキビが出来やすい肌環境に陥ってしまいます。 ですが、皮膚のターンオーバーを安定させる効果のある「リンゴ幹細胞エキス」という成分がバルクオムには入っていますので、使うことで肌のアンチエイジングを進めていく事が可能です。 皮膚のターンオーバーが安定すれば、ニキビの防止・改善が実現します。 つまり、バルクオムでニキビをケアすることもできるという事ですね。

敏感肌

実は「敏感肌」の定義が明確に存在するわけではありませんが、「強力な化粧品や洗顔料などを使用した際に皮膚が発赤したり、荒れたりしゆすい状態」の事を一般的に敏感肌と呼んでいます。 敏感肌の原因の大半は「皮膚の乾燥」です。皮膚の水分量が少なくなると、肌自身の保護能力が衰えて、外部からのダメージに対する抵抗力が下がってしまうので、ちょっとしたダメージでも皮膚トラブルが起きやすくなります。 そして先述の通り、乾燥肌にもバルクオムは効きますので、当然敏感肌にも効くと言えます。 ただし、バルクオムだけで敏感肌を治すというのは無理があります。 ですから、皮膚の状態を良くしてくれるタンパク質などの栄養分を積極的に摂取してください。卵、乳製品、魚類、肉類などから摂るのがおすすめ。 タンパク質は肌の材料です。ですから、タンパク質を多めに摂取すれば、皮膚が再生しやすくなりますよ。

様々な皮膚トラブルをバルクオムはケアしてくれますが…

結論を言いますと、バルクオムを使えば大半の皮膚トラブルを改善することができるはずです。 ですが、皮膚トラブルを本当にケアしたいのであれば、普段の生活習慣を改善していく必要もあります。 バルクオムを導入したからと言って油断せず、食習慣や睡眠習慣も整えてみて下さいね。 ちなみに、バルクオムはまずは「肌活コース」から挑戦するのがおすすめ。 オフィシャルサイトで僅か1400円で買えますよ。